リンクル★ミラクル

興味のある手作りについて書きます♡

UVレジンとは何か…はじめてのレジン

今、アクセサリーと言えば、UVレジンの人気が 非常に高まっています。 いろんな種類のレジンやそのパーツは、 ダイソー、セリア、キャン★ドゥ といった100均でさえ、商品の開発・競争が進んでいます。

しかし、UVレジンとはwikiで探しても まっとうな回答はみあたらないので それなりにわかりやすく書いてみます。

UVレジンとは

さて、このUVレジンとは、 UVレジンという液体が紫外線やLEDライトに 照射されると硬化するという性質を利用する。

好きな形に金属パーツやシールを入れたり、 自分好みにアクセサリーが作れるのである。

もっとわかりやすく言うと、 素材ははじめ液体だが 30秒から3分ほどで固まり、 プラスチックに近いものになる。

難しい言葉だと 紫外線硬化樹脂(しがいせんこうかじゅし)という 合成樹脂になる。

レジンと言えば

身近なものだと、その親戚に お風呂ガマのつなぎ目に白いゴムかプラスチックのような ものを見たことはないだろうか。 (古いお風呂だけかもしれない…) あれは時間が経てば自然と固まる。

いや、レジン液だって、特殊な道具を使わなくても 太陽の光で固まってはくれる。 ただ、時間がかかるので、あまり実用的ではない。 ちなみに、筆者は当時その道具が5000円以上と 高価だったし、続けるかどうかもわからなかったので そのお日様の力をお借りしたら、時間がかかりすぎて 固まっているかどうかもわからず、曇りもあったので 1週間もかかってしまった。(とこんな調子になる)

もう一つ、強力な接着剤、エポキシ樹脂というのがある。 これ聞きなれないかもしれないけど、 ホームセンターで工作・手芸用の 一番強力な接着剤はどれですか?

と聞けば、必ず紹介される代物であるが、 「A液とB液を混ぜて使います」 と聞いたとたんに、めんどくさそうで 聞かななかったことにしてしまう輩である。

これでもアクセサリーができなくはないだろうけど ボンドのようにそこそこネバいので 非常にやりにくいことだろう。

ただ、パーツと金具を止めるところには その強力さゆえ、よく利用されている。 反対に、何かのアクセサリーが壊れたら これを使えば、かなり強固なものになるのでお勧めです。

UVは(Ultraviolet)の略で、紫外線の意味。 レジンは、硬化樹脂のこと。

Turquoise-Resin-Globe-QAN

レジンこまとめ

結論として、UVレジンとは 簡単にプラスチック風にアクセサリーを成形できて 無限の可能性をもった画期的な素材である。

私がこのレジンに興味をもったのは3.4年前だった。 それこそ、レジンが何なのかわからずに UVレジンキーホルダーセットみたいなものを購入した。

それはそれでカッコよかったのだが、 その本に書いてあるようにパターンが決まっているものしか できないと思い込んでしまったのと 道具がなかったため固めるのに非常に時間がかかり そのキーホルダーだけで、興味が薄れてしまった。

最近、なにかやたらキレイな見たことがない アクセサリーを見かけるようになったと思ったら そのレジンをつかったアイデアや工夫が ハンパなくすすんでいたのであった。

また、YouTubeなどの利用で 多くの人が作成様子や素材の紹介まで 事細かにアップしてくれているので どれかしら自分の手の届くものや 目が釘付けになるものをきっと発見できると思う。

動画は、ユーチューブで「レジン」や「UVレジン」で検索。

また、書店や図書館でUVレジンで探してみてください。 田舎の小さな町の図書館でも見つけましたよ~。

本の紹介

ちなみに今回は、偶然この本で、UVレジンの進化に 驚きました。

さらに、動画をみて、ここ数日すっかりハマってます。

あとは、100均に材料を買いに行くかネットで注文するだけです。笑

UVライト(紫外線照射マシーン)

今は一番安いと1200円くらいで買えるところもあるようです。

是非一緒に挑戦していきましょう。